大谷学園 理事長挨拶


成友会会員の皆様へ

大谷幼稚園は大谷学園の107年の歴史の中で46年の歩みを辿って

まいりました。その間に卒園時も約5,000名を悠に超え、地域の幼児

教育の拠点としての任務を果たすことが叶いました。

これも偏に同窓会としての成友会会員の皆様のお力添えの賜物と深

く感謝申し上げます。私こと、平成20年度以来、大谷学園理事長・学園長

左藤恵より理事長職を継承いたしました。幼稚園は言うに及ばず

学園全体の進展のために微力ながら努力を傾斜する所存ですので、

以後何卒宜しくお願い申し上げます。本学園は宗教的情操の涵養を

建学の祖とし、大学から幼稚園までの優れた教育の場として社会的

にも多大の評価を頂いてまいりました。それぞれの地域社会に於いて

活躍をされている皆様にとって、嘗て育まれたみ仏の慈悲を今こそ

社会に役立てていただきたくご期待申し上げます。

終わりにこの度任された鶴田新会長のご活躍をお祈りし、これまで

顕著な働きを示された樫本前会長のご苦労を多としつつ、合わせて

会員の皆様の一層のご多幸をご祈念申し上げご挨拶といたします。

合掌


大谷学園理事長 左藤 一義






大谷幼稚園 園長挨拶


ごあいさつ

成友会の皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

4月から園長を拝命しました。大阪大谷大学で31年間、和歌山大学で

特任教授を終え、古巣の大谷学園にご縁をいただきました。

「仏様の学校に悪いところはないわよ。」との先輩の言葉通り、

長年過ごした大谷学園の校風が大好きです。

成友会の発足から今年は35年、第一回卒園児の方も50歳を迎えられた

頃でしょうか。皆様ご立派にご活躍のことと存じます。過日、ふと言葉を

交わした山元真美さんが大谷幼稚園の卒園児と知りすっと距離が縮まり

ました。大阪狭山市で弁護士の資格を生かして活躍しておられます。

園児たちにもお父さんやお母さんが卒園児という大谷っ子が入園しています。


昭和50年開園以来「今日も一日よい子でありますように」と小さな手を

合わせて仏さまにお祈りすることから、幼稚園の一日が始まります。

世代を超えて愛される幼稚園であり続けるよう教職員一同精進してまいります。

これからもよろしくお願いいたします。


大谷幼稚園 園長   岡 佐智子

成友会 会長挨拶


秋晴れの心地よい季節となり、成友会会員の皆様におかれましては益々

ご健勝のこととお慶び申し上げます。

今年度より樫本前会長から引き継がせて頂くことになりました鶴田です。

成友会では幼稚園、後援会の協力のもと会員相互の親睦を図るべく

卒園児の交流の場を提供させて頂きたいと考えております。

さて今年一年生になられた卒園児の皆様お元気でお過ごしでしょうか?

小学校生活にも慣れ、新しいお友達も沢山でき、毎日楽しく明るく元気

いっぱいに過ごされていることと思います。

あっとゆう間に小学校生活ももうすぐ11月です。今年度も総会を兼ねまして、

11月2日 (日)におおたにまつりに参加させていただきます。

久しぶりの幼稚園のお友達や先生方、いつもあそんだタイヤのブランコ、

上り棒などおおたにまつりでなつかしく会ってみませんか。

成友会では今年度も好評であったカレーを少し趣向を凝らして出店します。

そしてみんなが大好きな景品の当たるくじ引きを用意して待っています。

是非おおたにまつりにみなさま揃って遊びに来て、元気な姿や成長し、

たくましくなった姿を見せてください。

最後になりましたが、成友会活動に対しまして、今後とも会員の皆様の

ご支援賜りますようお願い申し上げます。


成友会 会長   鶴田 豊


▲上へ

Copyright (C)2008 Seiyukai. All rights reserved.